2020年07月06日

TVerで「半沢直樹」が再配信スタート!



コロナ自粛明けで、7/19からの放送が決まった「半沢直樹2」の前作ドラマが再配信スタートしたようです!



◆半沢直樹 1話「やられたら倍返し! 悪い上司に立ち向かうニューヒーロー誕生!! 5億を取り戻せるか? 社宅での妻たちの戦い 出世か? 友情か?」
https://tver.jp/feature/f0053442


◆半沢直樹 2話「上司の濡れ衣を振り払え! 悪者に倍返し」
https://tver.jp/feature/f0053441


◆半沢直樹 3話「クソ上司に倍返し! 部下のピンチを救えるか!? 裏切り者も出現」
https://tver.jp/feature/f0053440


◆半沢直樹 4話「10倍返しなるか! 上司と部下の裏切り」
https://tver.jp/feature/f0053439


◆半沢直樹 5話「半沢が出向に…!? 生き残りをかけた戦」
https://tver.jp/feature/f0053438


以上( 7月12日(日) 20:59 配信終了予定)



==============================================

第1部の5話分が一気に再配信です。


正直いって、半沢直樹1で面白いのは第2部より、この第1部の大阪編です。

赤井英和の関西人もいい感じを出していますし。


また亡くなった僕の知人は、このドラマのファンで「壇蜜が道頓堀のネオン街をバックに半沢に頭を下げるシーン」がすごく良かったと言っていました。

キャバ嬢役の壇蜜が、自分の夢をかなえるために真面目に頭を下げる。そのバックの背景が「あらゆる人の夢を呑み込む大阪の夜の街のシンボル」というミスマッチな映像レイアウトがたまらなかった――。
そんな話を、酒を飲みながらしみじみと語っていました。懐かしいです……。


しかしながら、もっと盛り上がるはずであろう第2部のほうは、スタッフが第1部で力を使い切ってしまったのか、ちょっと作りが荒くなるんですよね。


美術セットとかはいいんですが、悪役側がいかにもベタな悪役らしく描かれていたり(第1部よりも強調されすぎたり)、敵がマヌケだから負けた(すぐ脇に大事なものが隠されてあったのに敵が気づかなかった)とか、そういうコントみたいな力の抜けた話が出てくるようになり、第1部でスタッフが力尽きたというのを如実に感じさせます。

僕はこれをみて、第1部と第2部で全スタッフ(脚本も監督も含めて)を入れ替えたらどうだろうと思いました。

疲労が溜まりすぎると、アイデアも出にくくなるし、細かいところに気を配れなくなっていく……。

だから総入れ替えで、元気な人たちと代わってもらう。

そうすれば、お互いの班がスタッフ同士で競争心を持って「いいものを作ろう」として頑張るだろうし。


全スタッフを疲弊させるより、競わせた方がいい結果につながるんじゃないかと思いましたよ。

もっとも、予算的に人件費が足りなくなると言われればそれまでですが……。




ところで、この半沢直樹1の視聴率は、そんな大傑作の第1部 大阪編よりも第2部の東京編のほうがいいんですよね。

それはたぶん、第1部を面白いと思った人たちのクチコミによって、徐々に視聴率が上がっていったからなんでしょう。

最終回では42.2%という、とんでもない高視聴率をたたき出していましたから。
















posted by どんぐり at 14:05| 埼玉 ☔| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

「探偵・由利麟太郎」の第3話を観ました。



TVerで、「探偵・由利麟太郎」の第3話を観ました。



◆「探偵・由利麟太郎」 第3話「殺しのピンヒール」
https://tver.jp/corner/f0053387
(7月7日(火) 21:00 終了予定)


前回の日記で指摘したことが直っていました。

犯人がクライマックスでべらべら説明ゼリフを延々と続けて欲しくない――と書いたら、今回の第3話ではそれがなくなって、代わりに吉川晃司と助手で補足説明をしていました。

おかげで、かなり見やすくなりました。


この方向性で続けて欲しいです。

欲を言えば、犯人役の役作りがもう少し欲しいかな。

例えばピエロだったら、普段も鼻歌まじりに踊りたくなっちゃってるとかね。それも恥ずかしいから独りのときだけ。
すると帰宅した彼女に見つかって「何やってんの? キモイ……」と、叱られたりしてシュンとしてしまうとか。
という、普段の犯人の性格付けなんかも役作りの団塊から丁寧に作って欲しいなぁー。

犯人のキャラクターって物語の興味を引っぱるための肝心な要素だから。

それなのに。

どうも犯人役の芝居が雑なんだよなぁー。

このクラスの役者なら、もっと実力あるはずなのに雑になっちゃうということは、スケジュールがそんなに厳しいのか、それともコロナの影響で撮影が過酷すぎて普段の実力が出し切れていないのか……と、いろいろ勘ぐってしまう。

それだけ犯人の芝居力が大事なので、どうせなら大物俳優にも出てもらいたいです。




あとは作品の魅力として、他の推理物との差別化が欲しいですね。

せっかく京都が舞台なのだから、時代錯誤の貴族っぽい金持ちが京言葉ガンガン発して存在しているとか(笑)。

もしくは歴史に関連した犯罪も面白いかも。

美術品とか、歴史的な貴重品(一般人には興味がないものでも歴史の収集家にとっては殺人しても手に入れたいもの)とかで、その歴史にまつわるエピソードも絡んできて味わい深くなるとか。

放送できるかわからないけど、京都だから朝廷や皇室にまつわるエピソードとかもいいし、放送コードにスレスレな内容ほど見てみたい。



なんか、ここに要望を書くのがクセになってきた……(笑)。

もし関係者の方がここを読んでいたらゴメンナサイ。

ちゃんとホメるときはホメますんで……。













posted by どんぐり at 11:53| 埼玉 ☔| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

TVerで「ゴーストライター」の再配信が始まりました



TVerで、ドラマ「ゴーストライター」の再配信がスタートしたようです。



◆「ゴーストライター」 第1話「罪への秒読み~偽りの日々の始まり」
https://tver.jp/feature/f0052724
(7月5日(日) 23:59 終了予定)


スランプの小説家が助手にゴーストライターをやらせた後に対立するという、フジテレビの2015年放送のドラマです。

主演は中谷美紀さん。

脚本は、『救命病棟24時』や『僕と彼女と彼女の生きる道』などの名作ドラマを書き続けている橋部敦子さんです。

それゆえか、エピソードのサブタイトルを見ても結構な波風が立ちそうです(笑)。




■「ゴーストライター」エピソードのサブタイトル(リンクはTVer)


1話「罪への秒読み~偽りの日々の始まり」
https://tver.jp/feature/f0052724
(7月5日(日) 23:59 終了予定)


2話「夢か結婚か、それとも嘘か…泥沼の決断」
https://tver.jp/feature/f0052725
(7月5日(日) 23:59 終了予定)


3話「罠か、チャンスか、デビューの甘い誘惑」
https://tver.jp/feature/f0052727
( 7月5日(日) 23:59 終了予定)

※以降のエピソードの配信日は、TVer上にてご確認ください。


4話「原稿をください…消えた天才作家の誇り」

5話「舞台に上がったゴースト。逆襲の始まり」

6話「私は真実を述べます…嘘つきにくだされる法の裁き」

7話「私は消えたい…勝利のシナリオの結末」

8話「作家・遠野リサの死。よみがえる若き才能」

9話「天才は帰ってくるのか?退屈で平和な日々の果てに」

10話 最終回「最終回・女王の帰還。罪深き二人の女の逆襲」


==============================================


ちなみに、その第1話のプロットはこんな感じ……。


1話「罪への秒読み~偽りの日々の始まり」

会場では小説家の登竜門とも言える、ある新人賞授賞式の準備が進んでいた。
そろそろ選考委員の作家陣が到着する時間だ。
たぐいまれな才能と美貌とを兼ねそなえた遠野リサ(中谷美紀)は選考委員の中でも授賞式の目玉となる存在。

その頃、出版社、駿峰社の一室ではリサの作品の映画化が決定されようとしていた。中心で幹部たちに説明をしているのが、やり手編集マン、神崎雄司(田中哲司)。リサの作品は、これまで映像化された6作品全て大ヒットを飛ばしており、文庫も全て150万部を売り上げている。誰から見ても順風満帆そのもののリサだったが、実は既に行き詰まりを感じていたのだった。

小説家を夢見て、東京にやってきた川原由樹(水川あさみ)。田舎で待つ婚約者には1年限りという約束をして、最後の挑戦と意気込み東京へやってきた。いくつもの新人賞に応募を続けたが、ついに結果を出すこともなく1年が経ってしまった。
故郷に戻り結婚することを心に決める。はずだったが、由樹はまだあきらめきれなかった。申し込まず手元に残していた原稿を持って出版社を訪れる。プロの編集者から「君には才能がない」そう言ってもらえればきっぱりあきらめがつく。そう考えたからだ。

由樹が向かったのは大手出版社、駿峰社。由樹と受付係のやりとりを偶然耳にした新人編集マン、小田颯人(三浦翔平)は由樹に声をかける。
小田は原稿を読むこともせずに、由樹に仕事を紹介する。「遠野リサのアシスタントを探しているんですが・・・」。
憧れの大作家のアシスタントの仕事に由樹の心は揺れた。田舎に帰って結婚するはずの由樹の人生が今、大きな転換点を迎えようとしていた。

そしてリサの作家人生も・・・。


==============================================



実は……僕もね、昔……ゴーストライターをやったことあるんです。20代の頃に。

有名なタレントさんのタレント本から、超有名な人気小説家さんのゴーストも……。

これ、墓場まで持って行くべき話なんですが、余命わずかになってくると、急にカミングアウトしたくなる傾向が強まるんですね。何なのでしょう、この誘惑って……(苦笑)。










posted by どんぐり at 10:58| 埼玉 ☔| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする