2019年12月10日

要潤がミステリアスな弁護士に……!


久しぶりに大映ドラマの推理ミステリードラマを観ました。



◆悪魔の弁護人 御子柴礼司 ~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~
https://tver.jp/corner/f0043237
(12月14日(土) 23:14 配信終了)



お試しのつもりで第1話だけ、TVerで観たんだけど……面白かった。

大映ドラマなのに、おしゃれだった。

それからイケメンの要潤がいいね~。にらみつける表情とか決まってるし。
謎めいたミステリアスな感じのキャラクターもいい。
よく雰囲気が出ているよ。



最初はね、地方局の制作だし、おそらく低予算でショボい内容だろうなぁ~と思って観てみたら、意外とボロを出さず、テンポも小気味よくてスルスル展開は進み、見やすかったし、法廷ものでひっくり返していく様はうまく出来ていた。
実に頑張っているよ。


また犯人役で出てきた奥菜恵も、疲れた主婦をうまく演じているし。

それからベッキーの新人感というか、初々しさは何だ?(笑)
ベテランなのに新人っぽく見せる演技うまいよなー、さすがだ。


というわけで、見やすい演出、ヒキをちゃんと作ってるミステリーの脚本、そして役者陣……どれも合格ラインでございます。

このままのレベルを保っていけるのなら、放送中のシャーロックを超えられるでしょう。









posted by どんぐり at 00:15| 埼玉 ☔| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください