2020年06月29日

TVerで「ゴーストライター」の再配信が始まりました



TVerで、ドラマ「ゴーストライター」の再配信がスタートしたようです。



◆「ゴーストライター」 第1話「罪への秒読み~偽りの日々の始まり」
https://tver.jp/feature/f0052724
(7月5日(日) 23:59 終了予定)


スランプの小説家が助手にゴーストライターをやらせた後に対立するという、フジテレビの2015年放送のドラマです。

主演は中谷美紀さん。

脚本は、『救命病棟24時』や『僕と彼女と彼女の生きる道』などの名作ドラマを書き続けている橋部敦子さんです。

それゆえか、エピソードのサブタイトルを見ても結構な波風が立ちそうです(笑)。




■「ゴーストライター」エピソードのサブタイトル(リンクはTVer)


1話「罪への秒読み~偽りの日々の始まり」
https://tver.jp/feature/f0052724
(7月5日(日) 23:59 終了予定)


2話「夢か結婚か、それとも嘘か…泥沼の決断」
https://tver.jp/feature/f0052725
(7月5日(日) 23:59 終了予定)


3話「罠か、チャンスか、デビューの甘い誘惑」
https://tver.jp/feature/f0052727
( 7月5日(日) 23:59 終了予定)

※以降のエピソードの配信日は、TVer上にてご確認ください。


4話「原稿をください…消えた天才作家の誇り」

5話「舞台に上がったゴースト。逆襲の始まり」

6話「私は真実を述べます…嘘つきにくだされる法の裁き」

7話「私は消えたい…勝利のシナリオの結末」

8話「作家・遠野リサの死。よみがえる若き才能」

9話「天才は帰ってくるのか?退屈で平和な日々の果てに」

10話 最終回「最終回・女王の帰還。罪深き二人の女の逆襲」


==============================================


ちなみに、その第1話のプロットはこんな感じ……。


1話「罪への秒読み~偽りの日々の始まり」

会場では小説家の登竜門とも言える、ある新人賞授賞式の準備が進んでいた。
そろそろ選考委員の作家陣が到着する時間だ。
たぐいまれな才能と美貌とを兼ねそなえた遠野リサ(中谷美紀)は選考委員の中でも授賞式の目玉となる存在。

その頃、出版社、駿峰社の一室ではリサの作品の映画化が決定されようとしていた。中心で幹部たちに説明をしているのが、やり手編集マン、神崎雄司(田中哲司)。リサの作品は、これまで映像化された6作品全て大ヒットを飛ばしており、文庫も全て150万部を売り上げている。誰から見ても順風満帆そのもののリサだったが、実は既に行き詰まりを感じていたのだった。

小説家を夢見て、東京にやってきた川原由樹(水川あさみ)。田舎で待つ婚約者には1年限りという約束をして、最後の挑戦と意気込み東京へやってきた。いくつもの新人賞に応募を続けたが、ついに結果を出すこともなく1年が経ってしまった。
故郷に戻り結婚することを心に決める。はずだったが、由樹はまだあきらめきれなかった。申し込まず手元に残していた原稿を持って出版社を訪れる。プロの編集者から「君には才能がない」そう言ってもらえればきっぱりあきらめがつく。そう考えたからだ。

由樹が向かったのは大手出版社、駿峰社。由樹と受付係のやりとりを偶然耳にした新人編集マン、小田颯人(三浦翔平)は由樹に声をかける。
小田は原稿を読むこともせずに、由樹に仕事を紹介する。「遠野リサのアシスタントを探しているんですが・・・」。
憧れの大作家のアシスタントの仕事に由樹の心は揺れた。田舎に帰って結婚するはずの由樹の人生が今、大きな転換点を迎えようとしていた。

そしてリサの作家人生も・・・。


==============================================



実は……僕もね、昔……ゴーストライターをやったことあるんです。20代の頃に。

有名なタレントさんのタレント本から、超有名な人気小説家さんのゴーストも……。

これ、墓場まで持って行くべき話なんですが、余命わずかになってくると、急にカミングアウトしたくなる傾向が強まるんですね。何なのでしょう、この誘惑って……(苦笑)。










posted by どんぐり at 10:58| 埼玉 ☔| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください